防災お役立ち情報

弾道ミサイル落下時の行動等について

 内閣官房より、弾道ミサイルに関するJアラートの情報伝達及び避難行動等について、一部変更された旨の説明がありました。主な変更点は次のとおりです。

 ① Jアラートによる1回目の情報伝達(ミサイル発射情報)を受けて、直ちに頑丈な建物や地下に避難すること。
  (従来は、Jアラートによる2回目の情報伝達(避難情報)を受けて、避難することとされていた。)

 ② 避難先は、「頑丈な建物や地下」とされたこと。
  (従来は、「近くの建物等(できれば頑丈な建物や地下街等)」であった。)

 ・ 弾道ミサイル落下時の行動について(その1)
 ・ 弾道ミサイル落下時の行動について(その2)

 なお、弾道ミサイル情報については、防災行政無線、登録制メール、コミュニティFM、緊急速報メールなど、様々な手段で県民の皆様へ伝達されることとなります。

 ・ 弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A

 Jアラート(全国瞬時警報システム)、特別なサイレン音、伝達されるメッセージなどについては、国民保護ポータルサイト(リンク)をご覧下さい。

ページのトップへ