防災お役立ち情報

弾道ミサイルを想定した住民避難訓練の実施について

国、秋田県及び由利本荘市が共同して弾道ミサイルを想定した住民避難訓練を実施することが、以下のとおり決定しましたので訓練概要についてお知らせします。

1 日時
     平成29年9月27日(水)9:30~9:40頃
    
2 場所                                         
   
由利本荘市西目町新道下(しんみちした)地区  
  
3 訓練想定
  
X国から弾道ミサイルが発射され、我が国に飛来する可能性があると判明

4 主要訓練項目
    
○ 防災行政無線及び由利本荘市消防防災メールによる住民への情報伝達を実施
     ○ 由利本荘市西目町新道下地区において、住民が避難等を実施
       ※ 荒天の場合には内容を変更することがあります。
  
5 連携訓練
  
   ○ 県内の由利本荘市以外の12市町村において、国からのエムネットによる情報伝達を受け、防災行政無線や登録制メール等による住民への情報伝達訓練等を実施
   
6 主催者
    内閣官房、消防庁、秋田県、由利本荘市

7 訓練の流れ(概要(予定))
    
  9:30以降 ①ミサイル発射情報・避難の呼びかけ
                           ②直ちに避難することの呼びかけ
                           ③SM-3による迎撃が成功
      9:40ころ 訓練終了
            (終了後、西目公民館シーガルにおいて振り返りを実施)

8 訓練参加者数
   
住民等 約200名

ページのトップへ