防災お役立ち情報

積雪による建物の倒壊や雪崩に十分な注意をお願いします

 例年にない大雪となっている県北部を中心として、雪の重みによる空き家や物置小屋などの倒壊が多発しております。
 倒壊した小屋の下敷きとなって亡くなられた方もおりますし、固く締まった雪が落ちてきて怪我をするおそれもあります。
 また、雪崩で道路が通行止めとなることが増えてきています。次のことに注意して、雪解け時期の被害などを防ぎましょう。

  • 雪が屋根に厚く積もったり、せり出してきている建物には近づかない
  • 建物がきしむ音がするなど、異常を感じたら決して近づかず、中にいたら直ちに避難する
  • 雪の斜面にひび割れがあるなど、雪崩のおそれがある所には近づかない
  • 出かける前には気象情報、道路情報を確認し、特に山間部を通るときには無理をしない
     

ページのトップへ